ここから本文です

除染プラザ 団体来館レポート

除染情報プラザには県内外から様々な方にご来館いただいています。
その中でも、特に多くの方にご来館いただいた団体の皆様の一部を写真とともにご紹介いたします。

2015年7月4日、5日 JAL東北応援プロジェクト

JAL東北応援プロジェクトの皆さま61名が、2日間にわたり除染情報プラザに来館されました。放射線に関する座学では、原発事故の影響や除染による廃棄物処理、復興の様子について質問する姿が見られました。

詳細を見る

全景写真

2015年6月17日 サンゴバン株式会社

フランスのガラスメーカーで、除染作業と放射線量測定との関係性/必要性といった点について学習し、座学終了後には、実際に仮置場や除染現場等の見学を行い、とても良い経験が出来たという声をいただいた。

詳細を見る

全景写真

2015年6月15日 大阪大学大学院工学研究科

大阪を始め関西地方から、各分野の専門家や大学生、一般の方などが「福島の現状を見て感じたい。」とプラザに来館されました。講習会でも専門的な質問が多く寄せられ、「風評被害はもとより、風化させないためにこれからも支援していきます。」と力強い言葉をいただきました。

詳細を見る

全景写真

2015年6月13日 JISS

今秋より留学を控えている大学生9名が、除染情報プラザを訪れ、放射線の基礎知識、福島の現状、除染について学んで行かれました。放射線量の測定器体験コーナーでは、普段テレビでしか見ることができなかった体験ができてとても貴重だったというご意見をいただきました。

詳細を見る

全景写真

2015年5月30日、31日 JAL東北応援プロジェクト

JAL東北応援プロジェクトの皆さま45名が2日間にわたり、除染情報プラザを訪れ放射線に関する基礎知識について学びました。座学終了後には、除染状況、放射線の健康影響等についての多くの質問が寄せられました。

詳細を見る

全景写真

2015年5月13日 平成27年度自治大71期生会

総務省所管の自治体職員研修所で寮生活を送った職員のOB会の皆さま19名が、除染情報プラザを訪れ放射線に関する基礎知識について学びました。短い時間ではありましたが、講師の話に熱心に耳を傾けていただき、測定器や企画展示なども興味深くご覧いただきました。

詳細を見る

全景写真

2015年2月3日 宮城県名取市高舘地区環境衛生組合

宮城県名取市高舘地区環境衛生組合理事の方々12名がプラザに来館されました。座学受講後の質疑応答では、放射線や除染、福島の現状について、たくさんの質問の声が聞かれました。

詳細を見る

全景写真

2015年1月28日 福島県国際課「平成26年度中南米国移住者子弟研修」

福島県が招いたブラジル福島県人会、北伯福島県人会、在亜福島県人会、ペルー福島県人会、ドミニカ福島県人会の方々10名が除染情報プラザを訪れ、放射線に関する基礎知識について学びました。
翌日には、福島県庁を訪問し、国道6号線の開通や福島の復興の実績や文化について、福島県知事から話を聞きました。

詳細を見る

全景写真

2015年1月17日 福島県国際課「スタディツアー」

福島県が主催した県内の大学で学ぶ外国人留学生を対象にした「スタディツアー」参加者(11か国から20名が参加)が除染情報プラザを訪れ、放射線に関する基礎知識について学びました。
その後訪問した南相馬市では、東日本大震災当時の状況について現地の関係者から話を聞きました。

詳細を見る

全景写真

2014年12月13日 平成26年度台湾教育旅行関係者福島県視察訪問団

JNTO(日本政府観光局)主催の「台湾教育関係者招聘事業」の一環として台湾から計6名の教育関係者の方が除染情報プラザに来館されました。
福島県、山形県、宮城県を周る4泊5日の行程の中で、除染情報プラザで震災後の福島県の現状について正しい理解を深めることを目的に、会津若松市内の鶴ヶ城やスキー場を視察しました。

詳細を見る

全景写真

2014年11月15日 台湾教育旅行関係者招聘事業訪問団

福島県の「福島県教育旅行再生事業」の一環として、台湾から計44名の教育関係者と高校の生徒たちが除染情報プラザに来館されました。
福島内を周る3泊4日の行程の中で、いわき、会津、の観光地を視察し、最終日に除染情報プラザを訪れ、除染の進捗をはじめとする福島県内の復興状況について正しい理解を深めました。

詳細を見る

全景写真

2014年9月8日 全日通労働組合

全日通労働組合の「第10回青年全国交流集会」の一環として計162名の方が除染情報プラザに来館されました。
青年部の方々が3泊4日の日程で福島に滞在し、被災地の現状を知るために、除染情報プラザや伊達市の仮置場を視察されました。

詳細を見る

全景写真

2014年8月18日~8月21日 ふくしま福光プロジェクト

福島と関西の学生が、福島の現状について正しい情報を知ろうと、除染情報プラザに来館されました。現在の福島県の放射能の状態や放射能が人体に与える影響などについて講義を受講され、展示スペースでの見学では、スタッフへ熱心に質問されていました。

詳細を見る

全景写真

2014年2月~3月 きっかけバス

『きっかけバス47』は47都道府県の学生たちが東北三県(岩手県、宮城県、福島県)にバスで行くプロジェクトです。参加する学生が、東北での実体験を通して東北の今を感じ、自分のコトバで家族や友人、大切な人、それぞれの故郷・地域の人たちに伝えていきます。
福島県では、除染情報プラザに来館し、除染を通じて復興に取組む「今の福島」を知ってもらう“きっかけ”をつくります。

詳細を見る

全景写真